ホーム » 未分類 » 学生時代は生活費、老後も生活費。常にお金の不安を抱えています。

学生時代は生活費、老後も生活費。常にお金の不安を抱えています。

35歳、男性。老後のお金に漠然とした不安を感じています。
現在夫婦共働き、子供もいないので比較的経済的には恵まれた生活が出来ていますが、子供ができれば妻は仕事を辞めるでしょう。思えば学生時代の仕送りも少なかった私は学生ローンでお金を借りたりして、今のように常にお金に関する不安がありました。

今の私の勤め先の経営は安定しており、つぶれることははないでしょう。
しかし給料はそれほど多くなく、上司の給料明細を見て分かったのですが今後昇給もあまり期待できません。一人の稼ぎでは家のローンや車の支払い、その他もろもろで非常に厳しいと思います。
すると必然的に貯金を切り崩しながらの生活になりそうです。

子供が手がかからなくなった後は妻にも働いてもらうつもりですが、正直どのくらい給料がもらえるのか検討もつきません。
そうなるとやはり老後の生活が心配になります。
年金も徐々に減らされているようですし、支給年齢も上がってきています。これからもその傾向は続くことでしょう。
さらに自分たちが老後になった時、この国の年金はどうなっているかわかりません。

また老後になったからと言って極端に生活の質を落としたくありません。
仕事を退職したら時間ができるので旅行にも行きたいですし、旅先ではおいしいものを食べたり、という生活もしたいです。
時間はあるのにお金がないからといって我慢ばかりの生活って辛すぎますよね。
自分が望む生活レベルを維持するためにはいったいいくら貯金しておけば安泰なのか一生懸命調べていますが、人によって言うことが違うのでよくわかりません。

最近、安心した老後を送るため、そのために老後の不労所得を得るために投資を始めました。
投資の分配金などで月々10万円程度の収入がえられるようになればいいな、とばくぜんと考えています。
NISA口座をフル活用してローリスクローリターンで長い目で運用したいと思っています。
但しリスクをとらないとリターンも期待できず、月々10万円程度の不労所得と言えども高い壁だとつくづく感じています。
最近月3%のリターンを唄った投資詐欺で逮捕されていた人もいますが、そういった怪しい話にも食いつきたくなる世の中だと思います。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です